自立支援給付費債権のファクタリングは、昔はなかったのもですが、現在は自立支援給付費債権のファクタリングに特化した業者も登場しているくらいにメジャーになっています。


自立支援給付費債権は国民健康保険団体連合会などの信頼できる機関からの売掛金であるため、審査にも通りやすいです。



自立支援給付費債権は、請求から支払いまでに2ヶ月程度のタイムラグが発生します。

この間にも、従業員の給料などは支払わないといけないため、介護事業をはじめたばかりの会社は黒字倒産してしまうリスクをもっています。

従業員の給料は生活の糧であるため、命にも関わる問題です。そこで、自立支援給付費債権や診療報酬債権などを売掛金とみなして、ファクタリングできるようになっています。
ファクタリング業者にとっては、不安定な会社の売掛金に比べると確実に回収できるものであるので、大きなメリットがあります。

2ヵ月後にほぼ確実に回収できる債権であるため、手数料も低めに抑えられている傾向があるようです。



手数料は業者によって異なりますので、よく比較をして選ぶことが重要です。


また、ファクタリングの最大のデメリットが、この手数料にあります。



消費者金融で借りると金利が高いと言われていますが、その消費者金融よりもさらに高い手数料がとられる傾向があります。

そのため、まずは銀行や消費者金融などから融資を受けることを検討してみて、それがダメだった場合に最後の手段として考えるというのがおすすめです。