ファクタリングのサービスが利用される前には、手形割引が用いられることが多かったです。
手形割引を利用すれば、将来支払われる約束手形を現金化することができますから、売掛金を現金化する手段として用いられることが多かったと言えるでしょう。


現在でも手形で支払いを受けた場合には、手形割引を利用してキャッシュフローの改善に役立てることもあります。

もしも支払いが手形で行われているのなら、キャッシュフローはいつでも改善できると言えるでしょう。

しかしながら、ここ最近では手形での支払いが減少しています。

手形があまり発行されなくなってきたと言えるでしょう。

ファクタリングがオススメです。

最盛期の1割くらいになっているとも言われていて、そのために手形割引によるキャッシュフローの改善は難しくなってきたのです。

手形が発行されなかったとしても、売掛金があれば、それは同じようなものだと言えるでしょう。



この売掛金を手形割引のように扱うのがファクタリングだとも考えられます。

ファクタリングを利用すれば、売掛金をキャッシュとして受け取ることができますから、当面の資金として活用することは難しくはありません。

銀行から借り入れをすることによってキャッシュを確保している企業もありますが、その企業の信用力が低ければ不利な条件で借り入れをしなければなりません。

教えて!gooについて知りたいならこちらです。

ファクタリングは、取引先の企業の信用力によってコストが分かりますから、優良企業と取引していれば有利な条件で資金調達ができます。