中小企業の資金操りのために、ファクタリングというサービスが登場していますが、企業間取引での売掛金債権だけでなく、医療報酬や介護報酬などもファクタリングの対象となっているようです。そもそも、医療報酬や介護報酬というのは社会保険診療報酬支払基金などの機関から支払われるものであり、請求してから2ヶ月程度で振込みがされるため、あまり意味がないもののように思います。


しかし、資金操りで失敗した介護事業者などは、その2ヶ月の間従業員の給料が払えないという事態になることもあります。

医療報酬や介護報酬についても、ファクタリングを利用することで1ヶ月から2ヶ月程度債権の回収を早めることができます。

医療ファクタリングとの上手な付き合い方をお知らせします。

医療や介護関係の報酬は、信頼できる機関から支払われるものであるため、ファクタリング業者にとってはリスクが少なくてすむというメリットがあります。また、2ヶ月程度ですぐに回収できるという点もプラスに働きます。

こういった債権は審査に通りやすいですし、手数料は通常の売掛金に比べると負担が軽減されています。


しかし、手数料の負担が軽減されているとはいえ、やはり銀行などの金融機関から融資を受けた場合のほうがはるかにメリットがあります。

たった2ヶ月ですので、消費者金融から借りた場合でも利息はたいしてかかりません。



そのため、銀行や消費者金融から借りられるような事業者は、そちらを利用したほうがメリットがあります。

エキサイトニュース情報選びをサポートするサイトです。

金融機関から融資を受けられないような事業者が最後の手段として利用するのがファクタリングです。